ジョーの鉄腕ページ

ジョーの頭の中を整理整頓するためのページです。

デッキ紹介【汝はゾーク】

  

皆様、「王の記憶編」の顛末はご存知でしょうか。

神官アクナディンを操り、千年アイテムを作らせた存在「ゾーク・ネクロファデス」。

ゾークは世界を闇で包もうとしました。

そのゾークを倒すため、じーちゃんの前世「シモン」は自身の精霊(カー)である《エクゾディア》を召喚します。

しかしエクゾディアすらゾークに敗れてしまい、じーちゃん死す。

闇遊戯は三幻神を召喚しますが、その三幻神ですらゾークには勝てません。

皆が諦めかけたその時、表遊戯、杏子(16)、本田、城之内が闇遊戯の《真実の名》を伝えます。

 

真実の名を知った闇遊戯は、王(ファラオ)の名のもとに、三幻神を束ねるのです。

 

 

 

 

 

 

「我が名はアテム!ジャンケンポイ!」

 f:id:the4consistent:20191224202910j:plain

(これはグー)

 

【汝はゾーク】デッキレシピ

f:id:the4consistent:20191224214353p:plain

《光の創造神ホルアクティ》《封印されしエクゾディア》《守護神エクゾディア》

3種の特殊勝利を狙うデッキです。

 

【デッキの動き】


基本的にやるべき事は

①《星遺物の守護竜》で《妖醒龍ラルバウール》を蘇生し、必要なカードを集める。

②《星遺物に眠る深層》で《氷結界の虎王ドゥローレン》を蘇生し、深層・守護竜を含む手札に入れたいカードをドゥローレンで戻す。

f:id:the4consistent:20191224213717j:plain

この2つです。

この応用でホルアクティもエクゾも守護神も、すべてが思うがままになります。

へへ。

 

【初動】

初動を紹介します。

この動きがホルアクティ、エクゾ、守護神全てに繋がっていきます。

 

とりあえず時間の無い現代人のために「最終的にこれが揃う」という図をご用意しました。 

f:id:the4consistent:20191231015302j:image

ゾルデ+レベル2モンスター1体からこの盤面になるので、「トゥルース・リインフォース」1枚または「アマゾネス王女」1枚から始動できます。

 

動画見れる方はこちら(かなり大きい音がでるので音量注意)


【汝はゾーク】初動

 

【ルート分岐】

初動イベが終わったらいよいよルート分岐です。

f:id:the4consistent:20191230234405j:image

 該当しなくても全てのエンディングに向かう事が可能ですが、条件を満たしていると達成が非常に楽です。

 

【守護神エクゾディア編】

《守護神エクゾディア/Exodia, the Legendary Defender》
星10/闇属性/魔法使い族/攻 ?/守 ?
このカードは特殊召喚できない。
このカードの(1)の方法で召喚したこのカードが、元々の持ち主が相手となる悪魔族・闇属性モンスターを戦闘で破壊した時、自分はデュエルに勝利する。
(1):このカードはモンスター5体をリリースして召喚する事もできる。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、このカードを召喚するためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。

 f:id:the4consistent:20191218205117j:plain

守護神エクゾディアはゾークを破壊することで特殊勝利するという効果を持っています。

しかし「元々の持ち主が相手」となるゾークを破壊しなければならないため、《多次元懐獣ラディアン》や《ギブ&テイク》を使う事ができません。

幸い「元々の種族・属性」は指定していないので、そこを利用していきましょう。

誰もがゾークになりうるクイーンLV.5という訳ですね。

f:id:the4consistent:20191231232110j:image

今回は《幻惑の巻物》《リプロドクス》でゾークに仕立てあげましょう。

幻惑の巻物はイゾルデで墓地に落ちているので、フルドラで拾うだけでOKです。

f:id:the4consistent:20191231232117j:image

相手がEXモンスターゾーンの前にモンスターを出してくれたら準備完了です。

①《星鍵士リイヴ》で《星遺物を継ぐもの》をサーチし、《幻妖フルドラ》を蘇生。フルドラ の効果で墓地の《幻惑の巻物》を回収。

相手モンスターを闇属性に変更

②フルドラを対象に《妖醒龍ラルバウール》の効果を使い、《守護神エクゾディア》をサーチ

③《リプロドクス》で相手モンスターを悪魔族に変更

 

1ターンで相手モンスターがゾークになりながら手札に守護神エクゾディアが加わります。

汝はゾーク!罪ありき!

 

【封印されしエクゾディア編】

《封印されしエクゾディア/Exodia the Forbidden One》 
星3/闇属性/魔法使い族/攻1000/守1000
このカードと「封印されし者の右腕」「封印されし者の左腕」「封印されし者の右足」「封印されし者の左足」が手札に全て揃った時、自分はデュエルに勝利する。その後、このカードを海に捨てる。

 f:id:the4consistent:20191218205050j:plain

分岐地点でエクゾを2枚以上引いていれば封印されしルートに突入します。

 

エクゾディアは3つの方法で集めていきます。

f:id:the4consistent:20191228180750j:image

①《妖醒龍ラルバウール》で闇・魔法使いを対象にする

②《黒き森のウィッチ》が人体練成する

③《ユニオン・キャリア―》でエクゾを装備し、ドゥロ―レンで手札に戻す。

またはユニオン・キャリアーで黒き森のウィッチを装備し、ユニオン・キャリアーを場から離す

 

順番はバラバラで良いです。

これを1ターンでこなせば3枚揃うという訳ですね

 

例として、

f:id:the4consistent:20191231012334j:image

①《リプロドクス》で自分のモンスターを魔法使い族にするか、《アカシック・マジシャン》を経由することで《神聖魔皇后セレーネ》を出す。

セレーネで《黒き森のウィッチ》を蘇生し、《星遺物の守護竜》で《妖醒竜ラルバウール》を蘇生。

黒き森のウィッチを対象にラルバウールを発動し、《エクゾ1》をサーチ。

②《黒き森のウィッチ》と《妖醒竜ラルバウール》で《ユニオン・キャリア―》を作る。ウィッチの効果で《エクゾ2》を サーチ

③《ユニオン・キャリア―》で《セレーネ》を対象にし、《エクゾ3》を装備。《氷結界の虎王ドゥローレン》を蘇生し、《エクゾ3》を手札に戻す。

 

初動で《星遺物-『星鍵』》が墓地に落ちているので、《星鍵士リイヴ》で《星遺物を継ぐもの》を持ってこれます。ドゥローレンの蘇生には困りません。

 

相手がバウンス・除外による除去を得意としていない場合はパーツ0枚からでもエクゾを狙っていきます。

上記の流れで3枚そろえ、《神聖魔皇后セレーネ》で相手ターンに《黒き森のウィッチ》を蘇生しておきましょう。

十中八九破壊してこないので、自分のターンで①②③から行けそうなのを再び行い、残りの2枚を揃える事ができます。

 

【ホルアクティ編】

 星12/神属性/創造神族/攻 ?/守 ?
10万円を払う。このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上の、元々のカード名が「オシリスの天空竜」「オベリスク巨神兵」「ラーの翼神竜」となるモンスターをそれぞれ1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。このカードの特殊召喚は無効化されない。
このカードを特殊召喚したプレイヤーはデュエルに勝利する。

f:id:the4consistent:20191218204702j:plain

 《D-HERO ドミネイトガイ》がちゃんと死んだ場合、ホルアクティルートに突入します。

f:id:the4consistent:20191231003522j:image

ドミネイトガイで《D-HERO ダイヤモンドガイ》を蘇生しておきましょう。

自分のスタンバイに墓地の《D-HEROダークエンジェル》をドミネイトと共に除外し、《真実の名》をデッキトップに置きます。

D-HEROダイヤモンド・ユカイ》の効果で《真実の名》を予言し、次のターンに《幻妖フルドラ》で《真実の名》を回収すれば、真実の名を1ターンに2回唱える事ができます。

我が名はアテム !アテムポイ!

 

神は以下の方法で揃えていきます。

f:id:the4consistent:20191228180812j:image

①《真実の名》を唱える

②《妖醒竜ラルバウール》で神を対象にとる

③《ユニオン・キャリア―》で神を対象に取り、《ドゥローレン》で手札に戻すか、そのまま墓地に送る

 

これで神が3種揃うという訳ですが、真実の名は2回発動できるので事実上1ターンで4種揃えられます。

「ユニオン・キャリア―使ったら、そのターン出せないんじゃないの?」と思ったあなたは賢いですが、

 《ユニオン・キャリアー》 
種族または属性が同じモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
この効果でデッキから装備した場合、ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。

 なんと通常召喚には制約がないのです。

そしてそう、賢い皆さんならお気づきの事、

最初から通常召喚しかできない神がいっぴきだけいます。

彼はキャリア―で持ってきましょう。

f:id:the4consistent:20191231012349j:image

①《真実の名(旧姓)》で《オシリスの天空龍》をモンスターゾーン中央に出す

②ラルバウールでオシリスを対象にオベリスクを手札に加える

《星導竜アーミライル》でオシリスを対象にし、《オベリスク巨神兵》を場に出す。

③《ユニオン・キャリア―》でオシリスにラーを装備し、ドゥロ―レンで手札に戻して通常召喚

①《真実の名》で《光の創造神ホルアクティ^_^》を手札に

 

そして今、ファラオの名のもとに神を束ねる!!

f:id:the4consistent:20191224202910j:plain

実際は手札に神が手札に来ていたり、相手盤面への対処があったりするのでターンを 跨ぐ事が多いです。

あとオベリスクだけは「効果の対象にならない」というデメリットを持つので、ラルバウールやアーミライルの対象に取る事が出来ません。

ラーとオシリスをメインに据えていきましょう。

 

【ホンマに戦えんの?】

エクゾに限らず「パーツを揃える系」デッキを組んだ事のある人は、その事故率の高さと向き合う辛さがよくわかると思います。

【汝はゾーク】と戦った人の多くが「すげぇデッキ」と評してくれるのも、このデッキがちゃんと動けているというのが大きいのでしょう。

f:id:the4consistent:20191228192211j:image

初動札13枚。(戦線復帰+ヒーローキッズなどで無理に動くこともありますが)

初手6枚で引く確率は78.6%なので、見た目以上に安定しています。

当然のように事故もあり体感での事故率はもう少し高い気がしますが、真のデュエリストならば望んだカードをドローできるので問題はないでしょう。

 

【デッキを組んでる最中】

なぜ三種とも入れようと思ったのか〜動機〜

普通ならばホルアクティ・エクゾ・守護神とそれぞれのデッキに特化した方が良いでしょう。

しかし僕は「すげぇデッキ」が作りたかった。 

 

レジェンドADS動画投稿者のひとり、

ミズキさん(https://twitter.com/m_k_yuu)とオフラインで話す機会がありまして、とても印象的な事を仰っていたのを覚えています。

“今は色んな事ができるようになったけど、その分デッキのハードルも上がった。”

“昔は出すだけで凄かったカードも、今は「まあ出せるよね」くらいになった。”

心底納得すると共に、ミズキさんのデッキに対する志の高さを感じました。

 

そんな彼は【リユースコントロール】という凄まじいデッキを作っています。

詳しくは動画を観ていただきたいのですが、

《波動竜騎士ドラゴエクィテス》《ジャックポット7》《飛行エレファント》という一見バラバラな、しかも扱いの難しいカードたちが「相手によって破壊」というコンセプトのもと1つの流れにキレーに収まっています。

 

畏ろしい。面白い。自分もひとつの流れですげぇ事をしたい。

【汝はゾーク】を仕上げようと思った初期衝動は、こんな所だったと思います。

 

なぜ三種とも入れようと思ったのか〜経緯〜

 元々はホルアクティを狙うだけのデッキでした。

f:id:the4consistent:20191228210803j:image

なおきVさん(https://twitter.com/spikenaokiV)のコンボを見て、歴史が動きます。

これで真実の名を加えてやろうと。

 

そんな折、

f:id:the4consistent:20191228214215j:image

みこらんさん(https://twitter.com/mikoran3217)とアナコンダについて話してたら、エクストラモンスターだけでゾークを用意できるという事に気付きました。

守護神エクゾディアが入りました。

今でこそアナコンダは抜けていますが、相手を闇属性にするほか、初動事故の際にフュージョン・デステニーを発動できるカードとして非常に優秀でした。

 

そんでもって、「地属性・獣族をラルバウールで対象にした時、レスキューフェレット・アマゾネスペット以外の選択肢が欲しい」

と思って探してたら《トレジャー・パンダー》が見つかりましたの。

f:id:the4consistent:20191228215057j:image

「パンダーでエクゾディアを場に出し、ドゥローレンで手札に戻せばエクゾが3枚手札に加わるし、若き日のじーちゃんに似てる」と思いましたの。

エクゾディアセットが入りました。

 

今でこそパンダーは抜けましたが、その魂(バー)は僕に受け継がれています。

ジャーのバーはジョーに受け継がれています。

 

【あとがき】

【汝はゾーク】は色んな人の知恵と勇気が集まってできたデッキという事がお分かり頂けたと思います。

と言ってもまだまだこのデッキには語りたい事が色々あるので、次回はよく使うコンボとカード1枚1枚に対する解説、入れたいカードについて紹介していきます。

質問・感想があれば、次の記事があがるまでにリプライやDMを送ってきてください。

 

では、アリーヴェデルチ(さよ奈落の落とし穴)

f:id:the4consistent:20191224000036j:plain

 

 

 

 

 

 

 

『弱いカードの採用理由』

今、ゲートガーディアンのデッキ構築にとても悩まされています。
なぜなら「現状、ゲートガーディアンが弱い」からです。


そう言うと多くの人が
「出せるだけでも凄い」と言ってくれます。

しかし出すだけでは満足できない理由が僕にはあるのです。


さらに多くの人が
「この世に弱いカードなんて存在しない。好きなカードで戦うべき」とお怒りになる事でしょう。

しかしそんなにゲートガーディアンの事好きではないのです。

 

そんな状況ながらも、僕はゲートガーディアンのデッキを組まなければならないという使命を持っています。一体どうしたら良いのでしょうか。

 

 

(目次がどうやってもバグる人生だった。バグる・ライフ。)

 

 

『弱いカードは存在する』

どう使っても弱いカードというものは存在すると思っています。

この言葉で勘違いしないで欲しいのは
「状況によって輝くカード」は弱いカードの部類に入れていないと言う事です。

《サイクロン》《ツイスター》《トルネード》の3枚を使って説明しましょう。

 

《サイクロン/Mystical Space Typhoon》速攻魔法
(1):フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。それらは再生できない。

f:id:the4consistent:20191216183315j:plain

 

言わずと知れた魔法罠カードを1枚破壊できるカード。

自分のカードも破壊出来るため、究極的にはコンボカードとしても機能します。

これ一枚で多くの(僕の)デッキを壊滅させる事ができます。

 

《ツイスター/Twister》 速攻魔法
500ライフポイントを払って発動できる。
フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

 f:id:the4consistent:20191216183913j:plain

サイクロンの完全下位互換に見えますが、「状況によっては輝くカード」です。
まずライフを払うと言う事は《パーペチュアルキングデーモン》《魔力倹約術》とのコンボが可能です。
また「相手とのライフ差をつける」という性質を持つので、ライフの劣勢が有利につながるカードとのコンボが考えられます。

2012年の世界大会では【活路エクゾ】において「ライフを払いながら魔法罠を破壊できるカード」として《ツイスター》が採用されていました。

f:id:the4consistent:20191216190558p:plain

この【活路エクゾ】は、甲虫装機全盛期環境にも関わらず、なんと世界大会ベスト8にまで上り詰めました。マッチ一戦目は見事勝利しましたが、その後の相手の「自分の《発条機雷ゼンマイン》の召喚に自分の《神の警告》を撃ち、ライフを詰めて活路を断つ」という高度なプレイングの前に敗れ去りました。

f:id:the4consistent:20191216190602p:plain

 

(デュエル史に残る名勝負なので、非トーナメントプレイヤーの方も是非ご覧ください。)

 

現在ではより多くのライフを払える《コズミック・サイクロン》も存在しますが、そちらは《ゴブリンのやりくり上手》とのコンボが出来ないため、明確な差別化を以って採用する事ができます。

デッキ構築次第で《ツイスター》が《サイクロン》と比べて「輝けるカード」に化けること、お分かり頂けたと思います。

 

《トルネード/Tornado》速攻魔法
相手の魔法&罠カードゾーンにカードが3枚以上存在する場合に発動できる。
相手の魔法&罠カードゾーンのカード1枚を選択して破壊する。

f:id:the4consistent:20191216183917j:plain

《トルネード》は僕の考える所の「弱いカード」です。
確定で使うには相手にセット強要をしなければならず、そこまでやっても出来る事は相手限定で魔法罠1枚を破壊するだけ。そもそも発動条件を満たさせようとする事自体がトルネード自身の効果と相反しています。

サイクロンにチェーンする事で「同一チェーン上で同じカードが発動されている場合発動できない系カードの発動条件を満たしながら魔法罠カードを2枚破壊できる。」って役割を思いつきましたが、それなら最初からツイツイなり砂塵なりを採用するか他のカードをチェーンした方が良いって理屈に勝てませんでした。

トルネードをサイクロンより輝かせるには、まずはサイクロンを禁止にするところから始めなければならないと言えるでしょう。

禁止になってくれ。

 

それでも使いたいカードがある』

「状況によって輝けるカード」と「どうやっても弱いカード」の違いをわかっていただけたと思います。

戦術的な意味で言えば、「どうやっても弱いカード」をデッキに入れる意味はありません。

そんなカード達を使っても許される採用理由があるとしたら、
それは『エンタメ性』か『愛』しかないでしょう。
むしろ、それらがあるデッキは、どうしようもなく美しい。

 

『愛』

「トルネード、はじめて買ったパックから出てきた思い出のカードなんだ」

「トルネードに救われるデュエルがあったからデッキから外せない」

「トルネードのイラストが好き」

「トルネ―ドのおかげで恋人ができました」

「トルネードと結婚したい」

「トルネード食べちゃいたいくらいかわいい」

「むしろ食べた事ある」

なんて言われたら、トルネードをサイクロンに替えろなんて、誰も言えないでしょう。

 

さて、僕がゲートガーディアンを愛しているかと言われれば、答えは否です。いないないばぁです。
「告白されたら付き合うか考えるレベルの好き」と「むしろ自分から告白しに行くレベルの好き」だけでも大分違うのに、
僕にとってのゲートガーディアンは「年に数回話すクラスメイト」程度の好きです。
攻略対象に成る可能性は秘めていますが、ちょっと恋愛の対象としては見れないです。

f:id:the4consistent:20191216211555j:plain

(とき迷宮メモリアル) 

 

 

『エンタメ性』

デュエルをより楽しいものにするために、敢えて完全上位互換のあるカードを採用することも許されると思います。例として《モリンフェン》《壺魔人》などがあげられ、召喚するだけで場が和み、抱腹絶倒の千変万化、酒池肉林の潜影蛇手です。

キャラクターが使用しているカードを採用するのも、素晴らしいエンタメと言えるでしょう。

 

エンタメ性のあるカードを採用する場合の欠点として、高度なプレイヤースキルが求められる事が挙げられます。盤面に出力するだけの運命力、ネタを伝えるコミニケーション能力、相手を自分のノリに引きずり込むカリスマなど、デッキ構築の段階から盤外戦術を始めなければなりません。

 

ジョーのエンタメ性の方はどうかと言うと、そんな面白い人間でもなければ、迷宮兄弟の事も別に「年に数回話すクラスメイト」と同じくらいしか好きじゃありません。

そもそも、ゲートガーディアンはたいせつなおくりもの。

f:id:the4consistent:20191216233913p:plain

笑いの小道具にできようか、いやできない(反語)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ではエンタメ性もゲートガーディアンへの愛も無い僕はどうしたら良いのでしょうか。

自分でかけた呪いにより「出すだけのゲートガーディアンはトルネードも同じ」になってしまいます。

三魔神を素材に出すというだけで、《デミウルギア》や《混沌カオソル》《ラッキーストライプ》とサイクロンがたくさんいます。

どうにか、サイクロンではなくツイスターを採用する戦略的理由を作らなければ、僕にゲートガーディアンを使う資格はありません。

 


ゲートガーディアンを「状況によって輝くカード」に仕立て上げるしかないのです。

 

『ワイの答えはこれや!』

 

f:id:the4consistent:20191216221018j:plain

 ゲートガーディアンは一度特殊召喚してしまえば蘇生が可能な上に、サイクロンたちと違い、なんらかの弱体化もありませんし、サイクロンたちは素の攻撃力が3750もありません。

さらにゲートガーディアンは戦士族なので、ゲートガーディアンとゲートガーディアンでイゾルデを作ればゲートガーディアンがサーチできます。

f:id:the4consistent:20191216223401p:plain

このデュエルはこのまま勝ってしまいましたが、非現実的なプランではない事が分かるっしょ?

f:id:the4consistent:20191216223531j:plain

以前の構築では《星遺物に眠る深層》を使いまわすことで三魔神を揃えていましたが、《星遺物の導き》に同名ターン1が無い事を気が付きました。

こんな感じでネズミ算していけば色々蘇生できたりします。

 

ゲートガーディアンがいっぱい出れば強い!

メインデッキに入る蘇生可能なモンスターを攻撃力順に並べると

 

一位:4000

オベリスク巨神兵

「異次元ジェット・アイアン号」

「極星邪狼フェンリル

「時械神サンダイオン」

「ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン」

二位:3800

「獣神機王バルバロスUr」

三位:3750
「ゲートガーディアン」

 

となりました。

まぁ集めやすさとかまぁ考慮したらまぁ事実上まぁゲートガーディアンがまぁ一位みたいなもんですね。

しかもこの中で自分をサーチできるモンスターはゲートガーディアンだけなので、ゲートガーディアンは分裂復活して3750×2の7500で一位です。

 

あとがき

 

いかがでしたでしょうか?

いかがなものかと思います。僕は。

 

 今回はゲートガーディアンを通して、僕がいつも悩んでいる事を語りました。

カードを採用する時「このカードはサイクロンか、ツイスターか、トルネードか」と

ちょっとでも考えてくれれば幸いです。

 

そして色々語りましたが、この「弱い論」は自分の中の美学でしかありません。

デッキは好きに組むのが一番です。

デッキとして完成させた人が一番えらいのです。

 

 

 

 アデュー。

 

 

おやつスリーブYをキレイに入れる方法

 

遊戯王公式スリーブにぴったりのおやつスリーブYシリーズ!

でも詰める時にカードが折れちゃったり、

公式スリーブがちょっとはみ出ちゃったり、

おやつスリーブが裂けちゃったり…

 

そんなアナタにおやつスリーブYのキレイな詰め方をご教授致します!

 

 

☆おやつスリーブYの入れ方

 

①まずは公式スリーブに本命とは別のカードを二枚入れます。

(作業スピードを上げたい方は3枚でも大丈夫です。)

念の為、今後使う見込みのないカードを選ぶのが良いでしょう。

 

f:id:the4consistent:20161209224459j:image f:id:the4consistent:20161209221807j:image

 

②その状態のまま公式スリーブをおやつスリーブに入れます。

このとき、公式スリーブの手で、右下・左下・上の三点を抑えると、すんなり入れやすいです。

 

f:id:the4consistent:20161209222627j:image

三点で固定して

f:id:the4consistent:20161209222728j:image

右端を支点に左端を差し込む

 

③そうしたら奥まで入れます。

公式スリーブを押し込むというより、

カードを固定して、おやつスリーブをズラしていくように入れていきましょう。

f:id:the4consistent:20161209223109j:image

 

④公式スリーブがおやつスリーブに完全に入ったら、カードを抜きとります。

f:id:the4consistent:20161209223217j:image

 

すると驚くほどピッタリとスリーブが入りきっています。

f:id:the4consistent:20161209223244j:image

 

⑤あとは本命のカードを注意深く入れるだけです。

 f:id:the4consistent:20161209223805j:image 

もうカードを折らないかとビクビクしながら詰めなくていいんです。

 

一度スリーブ同士を入れきってしまってから、カードを詰める作業をした方が早く済むと思います。

 

この方法なら、大切なカードを折ることも、公式スリーブがはみ出ることもなくスリーブを入れることができますね!

 

f:id:the4consistent:20161209230923j:image

いっこもハミ出ていない!

 

 

おつかれさまでした。

よきデュエリストライフを。

 

f:id:the4consistent:20161209231026j:image

 

 

 

 

 

 

 

リストをまとめたモーメントを作成しました。

今まで使ったリストのまとめです。 ・星邪の神喰を起動できるカードリスト ・星邪で落として得々リスト ・デッキから永続魔法罠サーチリスト https://twitter.com/omoiomoi2/status/804692411398000640

星邪の神喰を起動できるカードリスト(RATEまで)

ライジング・テンペスト(RATE)までの

星邪の神喰を起動できるカードの一覧です。

抜けがあれば教えて下さい。

 

🌟【光】

∟⚔自

ADチェンジャー

EMジンライノ(ダメステ以外)

Emダメージ・ジャグラー(禁止)

オーバーレイ・イーター

オーバーレイ・スナイパー

クリアクリボー

クリボー

Kozmo-スリップ・ライダー(ダメステ以外)

Kozmo-フォアランナー(ダメステ以外)

サイバードラゴン・コア

スターダスト・ファントム

青眼の究極竜

ファーニマル・ウィング

プーテン

聖こう神竜スターダスト・シフル

超電磁タートル

伝説の預言者マーリン

武神器―イクタ

武神器―サグサ

武神器―ハチ

武神器―ヘツカ

武神器―ムラクモ

太古の白石

紋章獣ユニコーン

∟🛡他

暗黒竜コラプサーペント

Oneサンダー

カオス・ソルジャーー宵闇の使者

奇跡の代行者ジュピター

極夜の騎士ガイア

サイバー・エルタニン(1除外)

サイバー・エンジェルー那沙帝弥―

セイクリッド・ソンプレス

フォトン・パイレーツ

マスター・ヒュペリオン

ライトレイ・ディアボロ

ワーム・テンタクルス

電池メン業務用

霊魂の護送船

 

😈【闇】

∟⚔自

暗黒の召喚神

インフェルニティ・ジェネラル

インフェルニティ・ビショップ(ダメステ以外)

ヴァンパイア・ソーサラー

覚醒の暗黒騎士ガイア

儀式魔人カースエンチャンタ

儀式魔人ディザーズ

儀式魔人デモリッシャー

儀式魔人プレコグスター

儀式魔人プレサイダー

儀式魔人リリーサー

クリボー

Kozmo-ダークエクリプサー

Kozmo-ダークシミター

Kozmo-ダークプラネット

Kozmo-デルタ・シャトル

Kozmo-ドッグ・ファイター

ゴルゴニック・ゴーレム

熟練の赤魔術師

絶対王バック・ジャック

タスケルト

ダメージ・イーター

タン・ツイスター(ダメステ以外)

D-HERO ダイナマイト・ガイ

D―HERO ディアボリック・ガイ

チューニング・ガム

DDスワラル・スライム

Dragoon D-END

ネクロ・ガードナー

ネクロ・ディフェンダー

幻影騎士団クラック・ヘルム

幻影騎士団サイレントブーツ

幻影騎士団ダスティローブ

幻影騎士団フラジャイルアーマー

幻影騎士団ラギットグローブ

BF-尖鋭のポーラ

BF-陽炎のカーム

捕食植物ドロソフィルム・ヒドラ

ヘルウェイ・パトロール

ホールディング・レッグス

マジック・リサイクラ―

月光紅狐

月光紫蝶

冥帝家臣エイドス

闇・道化師のぺーテン(ダメステ以外)

RR-スカル・イーグル

RR-ミミクリー・レイニア

∟🛡他

甲虫装機ギガグリオル

ヴェルズ・ケルキオン

ヴェルズ・サラマンダー

カオス・ソルジャーー宵闇の使者

ギミック・パペットーネクロ・ドール

輝白竜ワイバースター

邪狂神の使い

ダーク・アームド・ドラゴン

ダーク・クリエイター

彼岸の悪鬼バルバリッチャ(ダメステ以外・1除外)

白夜の騎士ガイア

ヘル・エンプレス・デーモン(ダメステ以外)

闇王プロメテウス(1除外)

闇魔界の戦士長ダーク・ソード

 

 

🔥【炎】

∟⚔自

ヴォルカニック・カウンター

幻創のミセラサウルス

灼熱工の巨匠カエン

BKリベージ・ガードナー

∟🛡他

インフェルノ

インフェルノイド・アスタロス

インフェルノイド・シャイターン

インフェルノイド・ベルゼブル

インフェルノイド・ルキフグス

炎熱刀プロミネンス

ジュラック・タイタン

不知火の武士

スピード・キング☆スカル・フレイム

ルフレイム・エンペラー

炎の精霊イフリート

炎神―不知火

ラヴァル・ステライド

ラヴァルロード・ジャッジメント

∟👒魔法

炎塵爆発

炎遁封印式

紅蓮の炎壁

フレムベル・カウンター

💧【水】

⚔自

 

機甲忍者アクア

キラー・スネーク

キラー・ラプカ

ゲイザー・シャーク

影霊衣の術士シュリット

フラッピィ

🛡他

粋カエル

ヴァルキュルスの影霊衣

雲魔物―ストーム・ドラゴン

水精鱗―アビスマンダ―

👒魔法

異次元海溝

 

🍃【風】

⚔自

EMスプリング―ス

幻獣機オライオン

幻獣機ブルーインパラス

音響戦士サイザス

音響戦士ドラムス

音響戦士ピアーノ

音響戦士ベーシス

SRバンブーホース

SR三ツ目のダイス

SR電々大公

紋章獣ツインヘッド・イーグル

妖仙獣 木魅

ラッシュ・ウォリアー

真紅眼の飛竜

🛡他

ガスタ・サンボルト

風の精霊ガルーダ

幻獣機エアロスバード

幻獣機サーバルホーク

シルフィード

👒魔法

ハイスピード・リレベル

ヒドゥン・ショット(1除外)

 

🌰【地】

⚔自

アマリリース

Emスティルツ・シューター

先史遺産コロッサル・ヘッド

カーボネドン

黒光りするG

超重武者カゲボウーC

超重武者グロウーV

超重武者装留ビッグバン

超重武者装留ブレイク・アーマー

超戦士の魂

電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン

薔薇恋人

H―Cアンブッシュ・ソルジャー

プリベントマト

ペロペロケルペロス

馬頭鬼

🛡他

廃品眼の太鼓竜(ダメステ以外)

ギガンテ

ジェムナイトマスター・ダイヤ

ジャムナイト・アイオーラ

C・ドラゴン 

D・スマホ

D・リモコン

マシンナーズ・メガフォーム(ダメステ以外)

👒魔法

古代の機械工場

ジェムナイト・フュージョン

百機夜工

 

🔮【対象依存】

🌟-光-

E・HEROゴッド・ネオス

覚醒戦士クーフーリン

究極宝玉神レインボー・ドラゴン(1除外)

極神聖帝オーディン

クリスタル・ローズ

クリスタル・ローズ

幻奏の音姫マイスタリン・シューベルト

真閃光竜スターダスト

聖刻龍セテク・ドラゴン

M・HERO光牙

ライトレイ・ギアフリード

ワーム・ゼロ

未来サムライ

😈-闇-

ABF-五月雨のソハヤ

極神皇トール

極神皇ロキ

混沌の呪術師

蛇龍アナンタ

邪帝家臣ルキウス

進化合獣ダイオーキシン

絶望神アンチホープ

戦慄の凶皇―ジェネシス・デーモン―

ダークカタパルター

ダークフレイム・ドラゴン

泣き神の石像

ファントム・オブ・カオス

魔装邪龍イーサルウェポン

メンタルオーバー・デーモン

メンタルオーバー・デーモン

ワンハンドレッドアイ・ドラゴン

🌰-地-

SDロボモンキ

ガガガカイザー

カトプレパスと運命の魔女

寡黙なるサイコ・プリ―スト

強化人間サイコ

コアキメイル・グールズスレイブ

コアキメイル・ルークロード

サイコ・ヘルストランサー

ジャンク・ブレーダー

魂を喰らうものバズー

地球巨人ガイア・プレート

沈黙のサイコ・ウィザード

TGブレード・ガンナー

ナチュル・エクストリオ

マドルチェ・ホーットケーキ

メガロック・ドラゴン

大和神

🍃-風-

剣闘獣ラニスタ

ジャンク・バーサーカー

スプレンディッド・ローズ

スポーア

精霊獣アペライオ

HSR魔剣ダーマ

波動竜騎士ドラゴ・エクィテス

🔥-炎-

戦神―不知火

赤竜の忍者

フェニキシアン・クラスター・アマリリス

ブラック・ローズ・ドラゴン

フレムベル・デスガンナー

💧-水-

CNo.32海咬龍シャーク・ドレイク・バイ

👒-魔法-

🔵通常

先史遺産技術

クイズ(はずれ)

星屑のきらめき

モンスター・スロット

レプティレス・スポーン

🔵速攻

イージー・チューニング

バーサーカー・クラッシュ

🔵永続

フューチャー・グロウ

魔神王の契約書(1除外)

無視加護

🔵装備

ネクロの魔導書

薔薇の刻印

🔵フィールド

暗黒界の門

先史遺産バビロン

🔵儀式

カオス・フォーム

レッドアイズ・トランスマイグレーション

霊魂の降神

🍆-罠-

🔴通常

運命の扉

決戦の火蓋

生存本能

大火葬

DDDの契約変更

デビル・コメディアン(はずれ)

ライヤー・ワイヤー

🔴永続

ファイヤー・ウォール

死霊の巣(1除外)

竜魂の城(ダメステ以外)

霊魂の円環

🔴カウンター

フレムベル・カウンター

ブログはじめました

思い立ったらすぐ行動!

ジョーはブログをはじめました。

レシピの公開や回し方、デッキの考察やオリカ、なんなら自分のひらめきツイートまとめなんかを載せていきたいと思います。

どうぞ御手柔らかに(*´ω`*)